法人向け機密文書廃棄マニュアル

法人向け機密文書廃棄マニュアル

安全な処理で情報漏洩を防ぐ!機密書類の適正な処分方法を紹介

 

低コストで確実に機密文書を廃棄するには

このサイトでは、処理費用が安く、かつ信頼性の高い業者を選んで紹介しています。

おすすめ処理業者一覧

※料金は、ダンボール箱1つ(約20kg)あたりの値段で比較しています。

会社名 料金 特徴
日本シュレッダーサービス
日本シュレッダーサービスのバナー
1,400円 機密書類の廃棄に特化した業者
ISO27001(情報セキュリティ)取得。
・情報漏洩の危険がない自社工場で一貫処理。
情報漏洩保険に加入。賠償上限は2億円
1,500円 ・機密文書の廃棄を専門とした業者。
プライバシーマーク取得
・シュレッダー処理は自社内で対応。
・最終処理は製紙メーカーに委託。
1,800円 ・運送との兼業。
・書類は専用コンテナに詰めて輸送。
・廃棄処理は製紙メーカーに委託。
情報漏洩保険に加入。賠償上限は1億円
1,800円 ・環境系コンサルとの兼業。
自社専用便で廃棄書類を輸送
・廃棄処理は製紙メーカーに委託。
3,500円 ・機密書類の廃棄専門業者。
ISO27001取得
・廃棄方法は自社工場でのシュレッダー処理。

業者選びのポイント

信頼できる業者を選ぶポイントは、“専門性”と“自社工場処理”。そこで、お奨めしたのが日本シュレッダーサービスの「抹消仕事人」です。では、そのポイントを詳しく見ていきましょう。

自社工場で安全に処理

日本シュレッダーサービスは、自社工場での破砕処理を専門とする業者です。電話を受けると、直ちに専用のトラックで書類を回収。そのまま大型の粉砕機を持つ自社工場へ直行し、すぐにシュレッダー処理をします。オプションで未開封のまま段ボール箱ごと処理することも可能です。製紙メーカー利用して溶解処理する業者のケースでは、実際の処理が開始されるまで書類が野ざらしにされたり、未開封の原則が勝手に破られる場合があることを考えると、このサービスはありがたいです。

格安の処理費用

ダンボール箱いっぱいに詰め込んでも1,400円。安く、かつ確実に廃棄処理して貰えます。仲介業者を通さずに、自社で一貫処理するからこそ、ここまでコストを圧縮できるのだと思います。ちなみに、こちらの会社では法人向けの情報漏洩保険にも加入しているそうで、万が一トラブルが発生した際にも、2億円まで補償してくれるそうです。

分別不要で手間いらず

事前の分別などが一切不要で、ダンボール1箱から受け付けてくれます。そもそも、社内での処理が面倒だからこそ依頼しているのに、余計な手間はかけたくありませんよね。バインダーやファイルに挟んだまま、廃棄書類をダンボール箱に詰めれば良いだけです。毎回、電話するのが面倒だという場合には、定期的に回収してもらう方法もあるそうです。これだと、さらに費用が安くなるそうなので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

料金などはこちらで確認して下さい

 
法人向け機密文書廃棄マニュアル