法人向け機密文書廃棄マニュアル

安全な処理で情報漏洩を防ぐ!機密書類の適正な処分方法を紹介

HOME » 社内での書類処分の問題点 » 社員の負担

社員の負担

このページでは、社内で重要書類を処分する際の問題点を、業務効率の観点から検証しています。

社内処理の負担によるモチベーション低下

社員の目の前で機密文書が処理できる安心感などから、社内でのシュレッダー処理を行っている企業は多いと思います。しかし、その作業が社員に負担をかけているという事実は見逃せません。

  • ホッチキスやクリップをいちいち外さなければならないのが面倒。
  • シュレッダー作業は疲れるだけで時間がもったいない。

などなど、社内での書類廃棄を「手間がかかるだけのムダな時間」と考え、ストレスに感じている社員が多いようです。

こうしたストレスは社員のモチベーションを下げる原因となり、ビジネス効率を低下させてしまう恐れがあります。また最悪の場合、シュレッダー作業の非効率さなどによる疲れから、細断処理をせずに機密書類を捨ててしまう社員が出てくる可能性もあるでしょう。そんな事態を招かないためにも、社員の負担を減らす方法を考える必要があります。

業者に依頼してムダな時間や手間を削減

シュレッダー作業による社員の負担を減らすには、機密文書の処理業者へアウトソーシングすると良いでしょう。社内処理にかかるムダな時間や手間を削減して、社員のモチベーション低下を防ぐことが大切です。

ホッチキスやバインダーなどの分別が不要な業者を利用すれば、社員が行わなければならない作業はほとんどありません。回収から処分まで、全て業者にお任せすることができます。また、信頼できる業者にお願いすれば、機密性や安全性も高く、迅速に処理してもらうことができるので安心です。ビジネス効率の低下を防ぐためにも、ぜひ参考にしていただければと思います。

 
法人向け機密文書廃棄マニュアル