法人向け機密文書廃棄マニュアル

安全な処理で情報漏洩を防ぐ!機密書類の適正な処分方法を紹介

HOME » 社内での書類処分の問題点 » 処理費用

処理費用

このページでは、社内での書類廃棄作業にかかる経費を試算・検証しています。

社内処理のコストは意外と高い

シュレッダーを使った社内処理の方が、処理業者に依頼するよりも費用が安いと思っている方も多いではないでしょうか? しかし、社内処理にかかる費用は意外と高いのです。

オフィス向けの小型シュレッダーは、日々の業務内で発生する少量の機密文書を処分するのに適しています。ですが、大量の書類をまとめて処分しようとすると、予想以上の費用がかかってしまうのが問題です。処理業者へ依頼した方が、割安になるケースも少なくありません。

処理にかかるコストを見極めて、シュレッダーと処理業者を賢く使い分けると良いでしょう。

シュレッダー処理にかかる費用

オフィス向けの小型シュレッダーを使った処理には、どれだけの費用がかかっているのでしょうか? 細断処理にかかる費用の項目と、一般的な費用例まとめてみました。

≪月に60kgの書類を処分する場合≫

  • 【シュレッダー費用】
    約5,000円/月 (25万円のシュレッダー、5年リースで計算)
  • 【人件費】
    約4,000円/月 (社員の時給2,000円、2時間の作業で計算)
  • 【電気代】
    約500円/月 (シュレッダーの消費電力500Wで計算)
  • 【ゴミ袋代】
    約900円/月 (1枚で4kg入り60円として計算)
  • 【企業ゴミ処理費用】
    約1,800円 (自治体によって異なるが、1kgで30円として計算)

※この例での費用合計は、約12,200円/月となります。

一方、一般的な破砕処理サービスの相場は、20kgで1,800円ほどです。月に60kgの書類を処分しても、処理費用は約5,400円/月となります。さらに、そのままリサイクルができるのもメリットです。信頼できる業者へ処理をお願いすれば、処理にかかるコストを削減することができるでしょう。

 
法人向け機密文書廃棄マニュアル