法人向け機密文書廃棄マニュアル

安全な処理で情報漏洩を防ぐ!機密書類の適正な処分方法を紹介

HOME » 社内での書類処分の問題点 » 環境面(リサイクル)

環境面(リサイクル)

このページでは、企業のブランドイメージを左右する環境対策の重要性と、機密書類のリサイクル方法について説明しています。

企業にとって環境対策は重要な課題

CRS(Corporate Social Responsibility)に力を入れる企業が多くなってきている今日において、環境対策は企業が優先すべき課題の一つです。特に企業価値やCO2排出削減を掲げている企業にとっては、ブランドイメージを低下させてしまう恐れがあるため、より重要な課題となります。

では、機密文書処理における環境面への配慮とは、具体的にどのようなことができるのでしょうか? 処理後の紙はもちろんのこと、バインダーやホッチキスなどの金属、ファイルなどのプラスチックも、全てリサイクルすることが望ましいです。リサイクル対策に力を入れている企業も増えてきています。また、廃棄過程でのCO2排出量なども考慮する必要があるでしょう。

機密書類処分における環境対策について

環境対策として処理後の機密文書などをリサイクルするには、そうしたサービスを行っている処理業者を利用すると良いでしょう。紙だけでなく、金属やプラスチックも、それぞれリサイクルしてくれる業者を選べば安心です。

オフィス向けのシュレッダーで処理した紙屑は、一片が大きいためリサイクルしにくいという現状があります。しかし、シュレッダー処理はリサイクルできないという訳では決してありません。信頼できる処理業者へ依頼すれば、適正な破砕処理後に、安全にリサイクルすることができます。

環境へ配慮する企業にとって、処理方法の選択も重要なポイントです。焼却処理サービスは、機密文書を焼却して抹消できる安心感から選ばれていますが、環境へ配慮した処理方法とは言えません。CO2排出などが問題視されているため、企業によってはブランドイメージを低下させる危険性があります。

 
法人向け機密文書廃棄マニュアル