法人向け機密文書廃棄マニュアル

安全な処理で情報漏洩を防ぐ!機密書類の適正な処分方法を紹介

HOME » 機密文書廃棄サービスの種類 » 機密文書の焼却処理サービス

機密文書の焼却処理サービス

このページでは、機密書類の焼却処理サービスの流れや、メリット・デメリットを解説しています。

焼却処理サービスの概要と特徴

焼却処理サービスは、機密文書などを焼却して情報抹消するサービスです。一般的な焼却処理の流れとしては、以下のようになります。

焼却処分の作業フロー

そもそも機密文書を焼却処理によって情報抹消をする業者はほとんどありません。主には廃棄物業者などが、他の廃棄物と一緒に機密文書の焼却を請け負います。

焼却処理サービスは、焼却して情報を完全に抹消できるという点で安心感があります。ただし、処理専門業者でないと、セキュリティに対する認識が薄く、運送時の書類紛失などのリスクがあることも把握しておきましょう。

溶解処理と焼却処理について

焼却処理を行っている業者は少なく、業界の約9割は溶解処理です。また、溶解処理サービスだけでなく、出張細断サービスや専門工場破砕サービスも、最終的にはシュレッダー片を溶解し、リサイクルしているのが通常です。

出張細断サービスや専門工場破砕サービスの中には、お客様の要望があれば、破砕後に焼却処分してくれる業者もあります。焼却処分を希望する場合には、可能かどうかを事前に確認してみると良いでしょう。

ただし、焼却処理をするとリサイクルはできません。その上、CO2やダイオキシンの発生が問題視されていますので、環境に配慮している企業あれば、焼却処理は不向きと言えます。

 
法人向け機密文書廃棄マニュアル