法人向け機密文書廃棄マニュアル

安全な処理で情報漏洩を防ぐ!機密書類の適正な処分方法を紹介

法人向け機密文書廃棄マニュアル » 機密文書の破棄を任せられるおすすめ業者カタログ » 日本郵便

日本郵便

機密文書廃棄を行ってくれる日本郵便についてご紹介します。

手間なく簡単に機密情報の廃棄を実施

誰もが知っている日本郵便ですが、郵便事業を活かし機密情報廃棄サービスも提供しています。安心して機密文書廃棄任せられるポイントは、以下の3つです。

ゆうパックを活用しシンプルに依頼可能

日本郵便と言えば、手紙などの配達業務を一番に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。日本郵便は配達業務の経験を活かし、関東や甲信越、近畿エリアで機密情報の廃棄サービスを提供しています。

日本郵便のサービスで有名な「ゆうパック」を活用し、その中に機密文書など廃棄したい書類を入れて送るだけ。非常にシンプルなスタイルなどで気軽に利用することができますよ。専用の封印シールもあり、セキュリティにも配慮されているので安心です。

とくに難しい手続きや契約などもなく、1回限りの利用も可能です。ゆうパックと同じ仕組みなので戸惑うことなくサービスを依頼できますよ。

完全溶解後にはリサイクル

機密書類が入った専用ボックスは、指定された溶解工場まで配達されます。溶解工場到着後すぐ開封することなく専用ボックスを丸ごと完全に溶解するため、情報が漏れるリスクは非常に少ないでしょう。さらに溶解時には日本郵便の社員も立ち会っているので、より安心です。処理を行ったあとはトイレットペーパーなどに生まれ変わり、リサイクルされます。

完全溶解なので、クリップやホッチキスなどもそのまま専用ボックスにいれても問題はありません。シュレッダーにかける手間を考えれば、非常に楽に処理することができますよ。また処理後には溶解完了証明書も発行される点も嬉しいポイントです。

リーズナブルな価格帯でサービス提供

リーズナブルにサービスを利用できるのも、日本郵便の特徴。

そもそも機密文書の廃棄は安全性の問題から、費用が比較的高くなりがちです。しかし日本郵便の場合、ゆうパックという独自の配達システムを活用してサービスを提供しているため。リーズナブルな価格設定が実現されています。料金はゆうパックの運賃に溶解手数料(650円)、セキュリティーサービス料金(380円)を上乗せした金額で利用可能!

専用ボックスは大と小の2種類があり、要望に合わせて選択可能です。こまめに出したい、事業規模が小さいなどの場合には小がオススメで、まとめて出したい方であれば、大の方が良いでしょう。

また、リーズナブルな価格設定ですが、日本郵便の公式サイトから配送状況をチェックできるなどのサービスを受けることができますよ。

日本郵便の口コミ

  • 日本郵便さんの仕事ぶりには本当に感謝しています。重要な書類などを保管する倉庫があるのですが、保管期間が切れても大量の書類を処分することができずにいました。その理由として、ファイルのままの書類がある、ホッチキスがついているなど安易にシュレッダーできないからです。しかし日本郵便なら一気にそのまま任せることができます。そのため、こちらの業務に支障をきたすことなく倉庫がスッキリしました。
  • これまでよりも狭いオフィスに引っ越すことになり、文書の管理場所に困っていました。これまで利用していた企業は、ある程度の量が溜まらないと回収してもらえません。そのため従来通り利用し続けることが困難になり、日本郵便に依頼することに。わずかな量でも回収にきてくれるので本当に助かっています。スペースが奪われることもなくなりました。

日本郵便の基本情報

日本郵便HP 社名 日本郵便株式会社
所在地 東京都千代田区大手町二丁目3番1号
事業内容 郵便業務/銀行窓口業務/保険窓口業務/印紙の売りさばき/地方公共団体からの受託業務/前記以外の銀行業/生命保険業および損害保険業の代理業務/国内・国際物流業/ロジスティクス事業/不動産業/物販業など
認証取得情報 記載なし
URL https://www.post.japanpost.jp
法人向け機密文書廃棄マニュアル