法人向け機密文書廃棄マニュアル

安全な処理で情報漏洩を防ぐ!機密書類の適正な処分方法を紹介

法人向け機密文書廃棄マニュアル » 機密文書の破棄を任せられるおすすめ業者カタログ » 東京レコードマネジメント株式会社

東京レコードマネジメント株式会社

段ボールごと溶解処分が可能な東京レコードマネジメント株式会社についてご紹介します。

簡単かつ安全な機密文書溶解処理サービス

東京電力グループでもある東京レコードマネジメント株式会社。機密文書廃棄を任せられるポイントは、以下の3つです。

段ボールごと、付属品ごと処分可能な文書溶解処理

文書を処理する際に段ボールを一つひとつ開封していたら、そこから紛失リスクが発生しかねません。しかし東京レコードマネジメント株式会社では文書を溶解処理するため、段ボールを開封することなく処分できます。また、作業点数を減らすことにより紛失リスクを抑えることも可能です。

また、文書を処理するためにクリップなどを一つひとつ外して聞く作業が企業側としても負担に感じることがありますが、東京レコードマネジメント株式会社の機密文書溶解処理サービスではいくつかの例外を除いてはまるごと溶解できるため、取り外しの必要がありません。リスクを抑えるだけでなく、処理にかかる企業の時間コストも抑えることが可能です。

量に合わせて選ぶことができる回収方法

東京レコードマネジメント株式会社の機密文書溶解処理サービスは、文書回収の方法が2パターンあります。

一つは専用車で一気に回収する「チャーター便」で、こちらは大量の書類を処理する際におすすめです。逆に1箱だけのような小口の場合は、巡回する「ルート便」を利用することが良いでしょう。

「ルート便」の場合は、必要になったときに都度回収が可能です。また、回収した文書は専用の文書保管庫に1か月保管して、月に一度まとめて溶解するため、処理コストを低くすることもできます。

「チャーター便」は専用車で回収して処理するサービスです。さらに高いセキュリティを維持するため、溶解の際に立ち会ったり、ビデオ撮影をすることもオプションとして備えています。

併せて利用できる文書保存庫サービス

東京レコードマネジメント株式会社では、機密文書の廃棄だけでなく、文書保管のサービスも行っています。

一般的に文書は保管年月が経過するほど利用頻度は少なくなるため、会社においていても閲覧する可能性が低い書類は順次保存庫へ移動することが可能です。保存した文書が必要になったときは1日2回のルート配送で対応。必要に応じて文書を取り寄せることもできます。

文書保管庫サービスを利用していれば預けている文書をそのまま廃棄へと移行することができるので、定期的に保管期限を過ぎた文書を廃棄する場合には非常に有用なサービスです。当然ですが、保管庫は高いセキュリティに守られていますので安心して利用できますよ。

東京レコードマネジメント株式会社の基本情報

東京レコードマネジメント株式会社_HP 社名 東京レコードマネジメント株式会社
所在地 東京都品川区西五反田2-30-4 BR五反田2階
事業内容 文書管理業務/文書保存庫業務/機密文書溶解処理サービス/電子自治体関連業務/東京電力グループ社員向け、電源立地特産品通販サイト
認証取得情報 プライバシーマーク:認定番号:17000007
ISO/IEC27001(ISMS) : 認証登録番号 : IS 507953
ISO9001(QMS) : 認証登録番号 : FS 530797
URL https://www.tepco-trm.co.jp/
法人向け機密文書廃棄マニュアル