法人向け機密文書廃棄マニュアル

安全な処理で情報漏洩を防ぐ!機密書類の適正な処分方法を紹介

法人向け機密文書廃棄マニュアル » 機密文書廃棄サービスの種類 » 専門工場破砕(シュレッダー)サービス

専門工場破砕(シュレッダー)サービス

このページでは、機密文書の自社工場破砕サービスの特徴について解説しています。

専門工場での破砕処理サービス

専門工場破砕(シュレッダー)サービスは、客先から機密書類などを回収して(持ち込みも可)、処理専門の工場で破砕し、溶解してリサイクルするサービスです。

製紙メーカーの工場で行う一般的な溶解処理サービスと比べて、専門工場破砕(シュレッダー)サービスは受け入れ体制やスケジュールの都合がつきやすく、機密性の高い文書を迅速に処理することができます。また、情報抹消を専門とした工場で行うため、セキュリティ体制が整っていて安全性も高いのが特徴です。

専門工場破砕のセキュリティ

処理過程のセキュリティ:◎

  • 処理専門工場はセキュリティ体制が整っている。
  • 自社工場がある業者は、搬入から処理までを一貫して行えるので安心。
  • 迅速に処分できるため、機密性・安全性が保たれる。

専門工場破砕の利便性

サービスの利便性:〇

  • 書類分別の必要がない。
  • 専門工場なので、お客様の都合に合わせて融通が利く。
  • 受け入れ態勢が整っているので、依頼してからの回収が早い。
  • 迅速に処理することができる。

専門工場破砕(シュレッダー)以外の廃棄方法と比較

メリット デメリット
破砕(専門工場シュレッダー)処理 ・処理専門工場はセキュリティ体制が万全
・エコロジー。リサイクルが可能
・自社のシュレッダーと異なり漏洩リスクなし
・バインダーなど書類分別が必要
・目の前で処理されない
溶解処理 ・手間がかからない。分別せずに溶解処理が可能
・フタを開けることなく溶解できるので情報が漏れない
・エコロジー。再生紙へとリサイクルされます。
・溶解は委託が多い。1社で完結しない場合も
・工場によりセキュリティレベルはバラバラ
・目の前で処理されない
焼却処理 ・可燃物の廃棄に有効 ・リサイクルに貢献されない
・コストがかかる

自社工場を保有している専門業者のメリット

処理業者の多くは、運送業・廃品処理業・清掃業などを行っている業者で、機密文書の処理を専門に行っているわけではありません。そして、そうした業者は機密性に対する認識が甘く、社員教育も充実していないのが現状です。処理専門業者が行う専門工場粉砕サービスの方が、セキュリティ面での安全性が高くなります。

また、自社工場を保有しているかどうかは、サービスの利便性においても重要なポイントです。自社工場だとスケジュールの都合がつきやすく、緊急の集荷依頼にも対応可能で、一般的な処理業者よりも迅速に処理することができます。段ボール箱1箱から対応できるなど、融通が利くのもメリットです。

さらに、集荷から処理までを一貫して自社工場で行うことによって、機密性や安全性が高まります。自社工場での処理なので、お客様が立ち会うことも可能です。自社工場を保有している業者は少なく、都内ではわずか5社程度ですが、セキュリティ面を重視するなら自社工場での破砕サービスが良いでしょう。

専門工場破砕(シュレッダー)サービス一覧

抹殺仕事人(日本シュレッダーサービス)

法人向け機密文書廃棄マニュアル